音楽制作について

音楽の要望はどのように伝えたらいいですか?

簡単な言葉で大丈夫

担当者が丁寧にヒアリングしますので、使用したい楽器について、テンポについて、歌に込めたい想いやイメージについてお聴かせください。簡単な言葉で構いません。音楽用語や専門用語も不要です。伝達手段は何でも構いませんが、メールでいただけますと、作家への制作依頼書に転記することができ、お客様のご要望が制作者にストレートに伝わります。

作家が知りたいこと

制作者が音楽を作る上で知りたい情報には以下のようなものがあります。

  • 音楽ジャンル(例:バラード、童謡)
  • 楽器(例:ピアノと弦楽器)
  • テンポ(例:ゆっくり)
  • イメージ(例:壮大で感動的な曲)
  • 歌手(例:女性)

既存曲で指示

音楽は目には見えない抽象的な製品であるため、言葉で表現することを困難に思われる方も多いかと思います。そのような時には、すでにこの世に存在している曲を「参考曲」としてご提示ください。曲のタイトルとアーティスト名、YouTubeなどで聞くことができる作品であればそのURLをお伝えいただくことによって、お客様が意図するイメージを的確に受け取ることができます。

ポートレイトシネマ「will - 美しい想い、美しい物語」

ポートレイトシネマ「will」は、映画的な表現手法を駆使し、人物の印象がふんわりと香るような映像とオリジナル音楽によって構成されるポートレイト風の動画制作です。一人の作家が、撮影から編集、オリジナル音楽の作曲までを一貫して行いますので、作品全体を通して美しい統一感があるのが特徴です。「一人の人間の美しい物語を、美しい動画にする」それが、ポートレイトシネマ「will」のコンセプトです。

詳しくはこちら