コラム

素敵なCMソング/チョコレートは明治

半音移行に胸がきゅん

仕事の合間に、お腹がすいたら、頭痛がしたら、晩酌のウィスキーに、というようにチョコレート三昧な生活を送っております。チョコレートのCMソングと言えば、誰もが知っているのは、「チョコレートは明治♪」ではないでしょうか。「♪チョッコレート チョッコレート チョコレートは明治♪」というシンプルでストレートな歌詞のあの歌です。この曲の素晴らしいところは、チョコレートの甘くてちょっと背徳的な雰囲気と、哀愁のあるメロディーがとてもマッチしているところですね。音楽的な解説をしますと、「チョッコレート」の「ッ」の部分のリズムがハネているということと、「コ → レ → ト」の部分の半音移行が、これまでに多くの人の胸をきゅんとさせてきたに違いありません。作詞・作曲は、巨匠いずみたくさん。長い歴史を持つお菓子ですから、これまでに様々なアレンジのバージョンが作られ、人々の耳を楽しませてきました。女性ボーカルによる歌唱が多いですが、「BLACK」というビター風味のチョコレートのCMでは、男性向け商品を意識してか、男性コーラス隊による歌唱になっているのもおもしろいですね。YouTubeで明治製菓のCMソングコレクションを見つけましたので、ここに貼らせていただきます。(チョコレートだけではなく、後半に登場するチェルシーのCMソングもとても素敵です)どうぞお聞きください。

明治製菓CMコレクション

※動画はYouTubeからの引用です。アップロード者の都合によって削除される可能性があります

ポートレイトシネマ「will - 美しい想い、美しい物語」

ポートレイトシネマ「will」は、映画的な表現手法を駆使し、人物の印象がふんわりと香るような映像とオリジナル音楽によって構成されるポートレイト風の動画制作です。一人の作家が、撮影から編集、オリジナル音楽の作曲までを一貫して行いますので、作品全体を通して美しい統一感があるのが特徴です。「一人の人間の美しい物語を、美しい動画にする」それが、ポートレイトシネマ「will」のコンセプトです。

詳しくはこちら