音楽制作について

どんなジャンルの音楽でも作れますか?

様々な音楽ジャンル

音楽には様々なジャンルがあります。ピアノ曲、各種楽器のソロ楽曲、弦楽四重奏、各種編成のアンサンブル楽曲、吹奏楽、オーケストラ、ジャズ、ボサノヴァ、テクノ、ポップス、ロック、レゲエ、ヒップホップ、童謡、演歌、合唱、エスニック、ヒーリングミュージックなど数え上げたらきりがありません。

複数の作曲家で対応します

弊社には複数の作曲家が在籍しており、それぞれが得意分野を持っています。ご要望のジャンルに精通した作曲家を手配させていただき、様々なジャンルの音楽制作に対応いたします。

楽器編成

ジャンルごとに楽器編成が異なります。クラシック音楽の楽器だけで構成された器楽曲、ドラム・ベース・ギターをバックとしたボーカル曲、電子音で構成されたエレクトロミュージックなど、ジャンルによって使用される楽器が大きく違います。あらゆる楽器の音を取り入れることができますので、ぜひわがままにご要望ください。

楽譜

ジャンルによって違いが明確なもう一つの特徴は楽譜です。楽器編成が異なりますので自ずからその譜面も変わってきます。特に、演奏のための音楽は「楽譜」をメインとした制作になり、スコアやパート譜など必要な譜面をすべてお作りします。

ポートレイトシネマ「will - 美しい想い、美しい物語」

ポートレイトシネマ「will」は、映画的な表現手法を駆使し、人物の印象がふんわりと香るような映像とオリジナル音楽によって構成されるポートレイト風の動画制作です。一人の作家が、撮影から編集、オリジナル音楽の作曲までを一貫して行いますので、作品全体を通して美しい統一感があるのが特徴です。「一人の人間の美しい物語を、美しい動画にする」それが、ポートレイトシネマ「will」のコンセプトです。

詳しくはこちら